関係者にしかわからない、薬剤師という仕事

薬剤師という仕事の世間一般のイメージは、大雑把に言うと、「楽して稼いでいる」「ただの薬の袋詰め作業」といったものではないでしょうか。確かに、薬局の窓口の外から見る限り、処方箋受け取って薬の用意して袋へ入れて患者さんへ渡して終わり、という風に感じるでしょう。しかし、表に出ない仕事が実はたくさんあるのです。むしろ、表に出ない仕事の方が多いかもしれません。
各薬局によって仕事内容は多少違ってくると思いますので、あくまで私が今まで勤めてきたいくつかの薬局を参考にしているという事を、先にお伝えしておきます。
まず、重要なのは処方元の病院の医師とのコミュニケーションです。処方箋の内容に疑問を感じたりミスを発見したら病院へ問い合わせをしなければなりませんが、この時、医師の性格や問い合わせの仕方次第では病院側を怒らせる事にもなりかねないので、注意が必要です。
コミュニケーション繋がりで言うと、患者さんとのコミュニケーションも同じくらい大切です。本当にいろんな患者さんがいます。まさかという理由で患者さんを怒らせてしまう事も多々あるので、日頃から気をつけるのはもちろん、その度に落ち込まないですむように強いメンタルを身につけていく事も必要ではないでしょうか。
患者さんとのコミュニケーションで、もうひとつ気がけている事があります。それは、薬剤師の常識が一般の方の常識と同じとは限らないという事です。例えば「頓服」。誰もが知っている言葉だと思ってましたが、ある患者さんは知りませんでした。また、逆もあるのです。患者さんによっては、薬剤師とは、世の中のすべての薬の知識があり、薬局にはすべての薬が揃っていると思われてるようです。
他にも、医師と患者さんとのコミュニケーションの橋渡しの役割もあると思っています。患者さんにとって、やはり医師は特別な存在で、言うべき事も遠慮して言わないまま薬局へ来られる方がたまにいらっしゃいます。(例えば、他の病院の薬を服用中だとか、前回処方してもらった薬の飲み忘れがあるとか)コミュニケーションがうまくとれてないと、薬局でもわからないまま下手すると薬の重複等の問題が生じますので、上手く患者さんの話を聞き出して、必要に応じて医師への情報提供をしていくというのも大事な仕事のひとつではないかと思います。
表向きは機械的な仕事にも見える薬剤師という仕事、実際はコミュニケーション能力がとても問われる仕事なのではないでしょうか。

最近は転職サイトを利用した薬剤師の転職も増えているそうです。
http://xn--pcki2erb9c1c8146atrc1q7anj4g.com/
リクナビ薬剤師というサイトの口コミが良いそうなので、転職を考えている人は求人をチェックしてみると良いかもしれません。