薬剤師として今後の給料を考えると?

薬剤師として働いていて大切なことは、やっぱりやりがい。
1日のほとんどを仕事をするとなると、やりがいがない仕事はいやですよね。

さらに薬剤師として働くにあたって給料というのは凄く重要な点です。

自分の価値として給料が出ますが、低いと今後の生活などが気になってきます。
私も今度子どもが産まれるので、その生活費などは給料面に重くのしかかってきます。

薬剤師の平均年収は全国でも500万円以上。
年齢×年収といわれるこの時代で、30歳であれば300万、50歳で500万くらいと考えると薬剤師は比較的高給取りの部類に入るでしょう。

いま転職サイトなどもかなり盛んで違う職場に転職を考えている人もいると思います。

ですがそこで重要なのですが、最初から高い給料の職場で働くとすぐに給与が頭打ちになってしまうということもあります。

なのでどれくらい右肩上がりで安定して上がっていくかということは頭に入れておくべきでしょう。

逆に企業やMRに勤めると、業績次第でどんどん給料が上がっていくこともあります。
大切なのは生涯年収。

自分が今の職場に勤めていて、違う職場に移った場合どれくらい生涯年収が変わっていくかは念頭に入れておくべきだと思います。