薬剤師として患者さんと繋がる

薬剤師といっても色んな職場がありますよね。
調剤薬局からドラッグストア勤務などなど。

病院に勤める薬剤師さんもいます。

以前はどこでも病院内で調剤をしていましたが、いまは調剤は外部という病院が増えています。

なので病院に勤めながら薬剤師として患者さんと接する人は少なくなっています。
ですが服役指導であれば患者さんと接することは可能です。

薬剤師にこれから求められるのはコミュニケーションスキル。

患者さんの不安を取り除いてあげるのも仕事のうちなのです。
薬の飲み合わせなど、しっかり理解してもらいたいものです。

患者さんにとっても薬剤師というのは、お薬を調合する人とだけしか思っていない人もいるかもしれません。

患者さんというのは必ず何かしらの病気に対する不安などを持っているものです。
そういった精神的な面をサポートするにもコミュニケーションスキルが必要になってきます。

最近は薬の飲み忘れなどで残薬が増えているケースもあります。
そういった患者さんを減らすためにも薬剤師の役割を果たすべきでしょう。

人に求められる仕事というのはいつになってもやりがいがあるともいえます。